10/30あじびホール「裸眼で見えない驚きのアート映像 、土佐尚子が作る 土佐琳派 (TOSA RIMPA)プロジェクションマッピングトーク・福岡」

最新情報 FBイベントページ参照
https://www.facebook.com/events/520918641398916/

老松の制作による和菓子の販売は中止になりました。申し訳ありません
10/29
 

SingaporeTOSAProjection_lite

シンガポールでのプロジェクションマッピング
2014年

<日時・会場>
2015年10月30日(金)18時から ※19:50 終了予定
あじびホール (福岡アジア美術館8F)
福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル
http://faam.city.fukuoka.lg.jp/
入場無料
予約不要

<趣旨>
土佐尚子さんは、福岡出身のアーティストで、現在 京都大学教授(アート&テクノロジー研究)です。映像作品、コンピューターをつかったインタラクティブな作品は時代の先駆けとなっており、ニューヨーク近代美術館(MoMA)にもコレクションされています。近年は、芸術とテクノロジーが融合したプロジェクションマッピングの作品で国内外にて大規模な上演を実現している。
2015年、近作を集めた画集「TOSA RIMPA」を淡交社より出版。これを記念し、出身地である福岡でトークをおこなう運びとなりました。
京都、シンガポール等でおこなわれたプロジェクションマッピングの映像、作品制作に関するトークのみならず、現在取り組んでいる新しい映像テクノロジーおよびアジアのプロジェクションマッピングにも言及する盛りだくさんの内容を予定しています。
アジア各地と交流があり、テクノロジーとアートに関心が高い福岡市民へ、福岡出身アーティストの活躍している様子を伝え、将来のアート&テクノロジーの専門家育成へ繋げたいと考えております。

<内容>
スライドおよび映像を上映して、トークをおこなう。

第1部 TOSA RIMPA 土佐琳派
映像作品解説。
京都・国立博物館へ投影、シンガポール・マリナベイサンズミュージアムでの投影映像の紹介。
実験映像と制作に関するトーク

第2部 アジアのプロジェクションマッピング、現状について
中津 良平(シンガポール国立大学インタラクティブメディア研究所)

・聞き手 野田恒雄(建築家、no.d+a [number of design and architecture] 代表、TRAVELERS PROJECT [紺屋2023等] 主宰)

<オーガナイズ> 敬称略、順不同
主催 ART BASE 88(土佐尚子 土佐琳派トーク・福岡事務局)
後援 福岡市、(公財)福岡市文化芸術振興財団
協力 淡交社、NTアソシエイツ、老松 ほか

<プロフィール>
土佐 尚子 TOSA Naoko
http://tsite.jp/daikanyama/event/005093.html
(DAIKANYAMA T-SITE 9/24 土佐琳派トークイベント より引用)
アーティスト、京都大学学術情報メディアセンター教授、シンガポール国立大学客員教
1961年福岡市生まれ。日本のメディアアーティストの先駆者であり、1980年代後半にMoMAのビデオアートのキュレーターバーバラロンドンの企画展”New Video Japan” に選ばれ、国際的に知られるようになる。
バウハウスのジョージケペシュが設立したMIT 高等視覚研究所のアーティストフェローで芸術活動を経て、現職。
土佐尚子のアート表現は、無意識の可視化である。言葉にできない脳内イメージの世界を文化を超えて、デジタル手法で可視化する「カルチュラルコンピューティング」を提唱し、著書「カルチュラルコンピューティング」NTT出版を執筆。
琳派400年記念のイベントとして今年京都国立博物館にて上映されたプロジェクションマッピング「21世紀の風神・雷神伝説」を含む作品集「TOSA RIMPA」を淡交社より出版。
主な展覧会は、ニューヨーク近代美術館、メトロポリタン美術館、ロングビーチ美術館など。コレクションは、ニューヨーク近代美術館など。2015年琳派400年記念事業の最大のイベントとして京都国立博物館に、プロジェクションマッピングを行い、約2万人の観客を集めた。
http://www.naokotosa.com/

*京都大学 土佐研究室
http://www.tosa.media.kyoto-u.ac.jp/index.j.html
*神戸ビエンナーレ2015 9/19-11/23 招待作家
http://www.kobe-biennale.jp/kikaku/syotai/10.html

6
TOSA RIMPAより


※会場前カウンターにて淡交社「土佐琳派」販売予定。 2160円(税込み)
https://www.tankosha.co.jp/ec/products/detail.php?product_id=1802

<書籍 TOSA RIMPAについて>※ AMAZONおよび淡交社サイトより引用
ペーパーバック: 79ページ
出版社: 淡交社 (2015/4/27)
ISBN-10: 447303996X ISBN-13: 978-4473039965
発売日: 2015/4/27
内容紹介
〈映像表現での琳派。次代につなげる現代アートのスタイルで魅せる〉
〈メディアアートのクールジャパン。今の時代に生まれた琳派のかたち〉
デジタル技術を駆使し日本の伝統や文化を意識し表現した映像作品を制作する土佐尚子。音の振動でさまざまな液体(塗料や油など)を動かし、生花を破壊する様子を毎秒2,000フレームという高速撮影で切り取った作品で、海外に向けてもアピールを続ける土佐尚子の作品集(英文対訳付き)。琳派400年記念のイベントとして3/12 〜15の4日間、京都国立博物館にて上映された温故知新・破壊的創造をテーマとしたプロジェクションマッピング「21世紀の風神・雷神伝説」を中心にさまざまな作品を紹介。

<主な映像資料>
土佐尚子 YouTubeアカウント
https://www.youtube.com/user/TheShintoism

シンガポールでのプロジェクションマッピング 2014年1月
https://www.youtube.com/watch?v=6LLdnxE0Xzc

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中