10/30土佐RIMPAトーク/博多阪急30人展/紺屋で淺井さん/アルティアム映像展/九州芸文館でレジデンス他

みなさまお世話になっております。
なんだかこの秋もART BASE 88がお手伝いしているいろいろなアート企画が立て込んできましたので、あらためてまとめてご紹介させていただきます。

まず、今週金曜10月30日、いよいよあじびホールにて、土佐尚子さんによるプロジェクションマッピングトークをおこなわれます。
SingaporeTOSAProjection_lite
土佐さんは福岡出身で国内外、大活躍しているアーティスト(であり京都大学の先生)なのですが、大学から福岡の外に出たので、地元でいまひとつ知られていない、たいへんもったいないことであると思いまして、トークを立ち上げました。
福岡市のAsianPartyの参加事業ともなっております。
当日は淡交社さんが出版した土佐さんの最新画集、京都の和菓子屋さん「老松」がつくった土佐さん作品をイメージした和菓子なども販売します。
詳しくは下記を
https://www.facebook.com/events/520918641398916/

つづいて、10月14日から開催中の「博多阪急 アートキューブの学園祭」企画をご案内します。10月28日から一部が展示場所変更となりました、会期は11月10日まで。
https://www.facebook.com/events/1498323470466841/
新作近作が大半でとてもみごたえのある展示になりました!博多駅界隈へお越しの際はお見逃し無く。
IMG_9860
参加アーティストは30人(順不同/敬称略)。
武内 貴子、オーギ カナエ、豚星 なつみ、下村 結香、井上 玲、くろくも舎 松原真紀、小松 知子、石井 康博、久保 美沙登、瀬戸口 朗子、井上 絢子、坂田 優子、平川 渚、クサボン、土屋 由起子、熊本 象、池田 ひとみ、ma.macaron、小川 徹也、松崎 宏史、宮内 裕賀、studioサドシマルイコ(以上ART CUBEでの展示経験あり)牛島 光太郎、八頭司 昂、そだきよし、和田 朋子、藤瀬 大喜、高橋 漠、川崎 泰史、森田 加奈子

そして紺屋2023です。ひさびさにレジデンスプログラムをおこなうことになりました。

いまや日本を代表する若手アーティストとなった淺井裕介さんが、紺屋エントランスの作品をあらためて滞在制作することになりました。会期中にワークショップ開催、そして東京のギャラリーARATANIURANOがkonya-gallery内に登場する展示も予定されております。ART BASE 88は協力名義。11/21のオープニングのあとのトークにもコメンテーターで参加します。
IMG_0382
konya-gallery 7周年企画
滞在制作『#3 淺井裕介  白い墨 黒い白線』
展示『gallery in gallery series #01 ARATANIURANO』
http://konya2023.travelers-project.info/events/konya-gallery-7%e5%91%a8%e5%b9%b4%e4%bc%81%e7%94%bb%ef%bc%8f%e6%bb%9e%e5%9c%a8%e5%88%b6%e4%bd%9c%e3%80%8e3-%e6%b7%ba%e4%ba%95%e8%a3%95%e4%bb%8b-%e7%99%bd%e3%81%84%e5%a2%a8-%e9%bb%92%e3%81%84/#PSKjUIm.twitter_tweet_count_m

この秋、注目の展覧会は、11月14日からスタートする三菱地所アルティアムの映像展です。Local Prospectsという新しいシリーズの、最初の展覧会です。
flyer

これは「九州・沖縄とその周辺地域を拠点とする作家に光を当てる、新たな展覧会シリーズ」として構想されています。今回は「海をめぐるあいだ」と題して、福岡の山内光枝、沖縄の山城知佳子、台湾の許家維(シュー・ジャーウェイ)を取り上げます。Fukuoka Art Tipsとして企画に関わりました。11/14にオープニング、11/28に山内さんトーク、12/4には山城さんトークとあじびホールで特別映像上映があります。ぜひご参加くださいますよう。
http://artium.jp/exhibition/2015/15-07-local/

さて筑後のほうでは、この10月から武内貴子さんとキムハンナさん(釜山)のふたりのアーティストによる滞在制作が始まっています。
武内さんは「ちくご移住計画 アーティスト編」(筑後市主催)として公募されたなかから選出され、キムハンナさんは「筑後アート往来」(福岡県・筑後市・九州芸文館主催)の参加作家として、筑後市の居住体験施設「筑恋邸」で滞在制作をおこなっています。

展覧会は12月2日から23日まで、九州芸文館でおこなわれます。10月24日に顔見せ会をおこないました。それぞれこれまでの作品を解説し、どんな作品を作って行こうかという意気込みが語られました。
IMG_0309IMG_0311
展覧会会期前後にワークショップやトークなども計画しています、これから詳しく詰めていきます。
https://www.facebook.com/chikugoartourai
同時期に芸文館では「ちくごアートファーム計画」も開催され牛嶋均さん、牛島智子さん、坂井存さんという実力派が展示をおこないます。筑後界隈、今後の動向にご注目ください。

それから最後に、まだ情報解禁前で詳しく語れませんが、12月に福岡市内で、東京福岡のアーティストが一緒に発表する展覧会が行われます。ART BASE 88が企画に関わっております、ちかぢかお知らせしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中