「アートと災害」11月25日(金)>アートマネジメントセミナー「はざまのまなざし塾」10月→3月

147_1_l

(公財)福岡市文化芸術振興財団 [FFAC] が主催する、地域で活動するアートマネージャーの人材育成を目的としたアートマネジメントセミナーで聞き手をつとめます。
このところ毎年開催されているシリーズですけども、ことしは震災をテーマにした講座が設置されました。
講師は福岡西方沖地震に際し玄界島でワークショップをおこなった古賀弥生さん。仙台から「せんだいメディアテーク」の清水チナツさんがコメンテータで来てくださいます。
==================
④話を聞こう!「アートと災害」 11月25日(金)19:00-21 :00

場所:財団7階会議室

2005年福岡県西方沖地震後、全島避難となった玄界島の小学校でアーティストとともに学習発表会のサポートを行った古賀弥生さんのお話を聞きます。
2011年の東日本大震災、今年の熊本地震。災害とアートはどのような関係を築いていけばいいのでしょうか。

●ゲスト:古賀弥生(アートサポートふくおか代表/活水女子大学教授)

●コメンテータ:清水チナツ(せんだいメディアテーク学芸員)

●聞き手:宮本初音(アートコーディネーター、ART BASE 88 代表)

==================
プログラムの詳細は下記FFAC公式サイトより
http://www.ffac.or.jp/news/detail147.html

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中