筑後アート往来2016 レジデンス展12/3-25、トーク12/3、ワークショップ12/17

フライヤー修正と追加箇所 2016/12/03現在

◎協力名義追加
(一財)八女伝統工芸館、八女手すき和紙資料館、久留米絣 池田絣工房、有限会社靍田鶏卵、久留米絣協同組合、有限会社プレイグランドプロジェクト、小栗栖まり子、鹿田寫眞舘 ほか ※順不同、敬称略

◎カム・ミンキョンさん略歴
誤)2003 韓国 国立釡山大学校 芸術学部 美術学科 博士修了

正)2013 韓国 国立釡山大学校 芸術学部 美術学科 博士修了

———————————–
追記
2016/12/03
協力名義追加あり。
2016/12/01修正
カムさんの略歴年代を修正。協力名義を追加、古賀滞在日程曜日修正
ワークショップフライヤー差し替え。
————————————

九州芸文館でのレジデンス展が迫ってきました。
ポスター、フライヤー画像をアップします。デザインはクルール(大村政之)。

レジデンス展ポスター jpg
air%e5%b1%95%e3%83%9b%e3%82%9a%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bcf%e4%ba%94%e6%a0%a1

レジデンス展フライヤー pdf
chikugoartourai_airflyer
同 png 上岡ひとみ
air%e5%b1%95%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%bc%e4%ba%94%e6%a0%a11
同 png カム・ミンキョン
air%e5%b1%95%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%bc%e4%ba%94%e6%a0%a12

ワークショップフライヤー png
%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b71201v

同 pdf
%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b71201v

<スケジュール>
12/3土〜12/25日 レジデンス展
進捗状況はFacebookページをご覧ください。

12/3土 11時〜アーティストトーク
詳細はFacebookイベントページを参照。
https://www.facebook.com/events/1173199686096265/

12/17土 13時〜上岡ひとみワークショップ
詳細はFacebookイベントページを参照。
https://www.facebook.com/events/1165602373526554/


筑後アート往来2016 概要
筑後アート往来 Chikugo Art Traffic

Kyushu Geibun-kan residency and exhibition program Chikugo Art Traffic 2016
九州芸文館 芸術文化交流拠点性 発揮事業

アーティスト・イン・レジデンス展

上岡ひとみ(日本)
“undercontrol”

カム・ミンキョン(韓国)
「もしかしたら、青い花ではなかったか?」

2016/12/3(土)〜12/25(日)
10-17時 月曜休館

九州芸文館 (福岡県筑後市大字津島1131)
Kyushu Geibun-kan 1131 Tsushima, Chikugo city, Fukuoka, 833-0015 JAPAN
TEL 0942-52-6435
http://www.kyushu-geibun.jp/

入場無料 admission free
この事業は、一般財団法人自治体国際化協会の助成事業により実施されています。

筑後アート往来 2016 アーティスト・イン・レジデンスと若手作家展のプロジェクト「筑後アート往来」、2 年目は、公募で選ばれたヨーロッパ滞在歴が長い上岡ひとみと釜山文化財団により推薦されたカム・ミンキョンによる滞 在制作を 10 月から 2 ヶ月実施。筑後地域の伝統工芸や歴史、風土に触れた滞在のあと 12 月に新作による ダブル個展を開催します。
さきだつ 8 月から 2 ヶ月間釜山文化財団との交換プログラムにより釜山市内ホンティアートセンターにて、 福岡のアーティスト古賀義浩が滞在制作をおこないました。滞在と展覧会の記録紹介もおこないます。 また、2017 年 2 月には美術家 5 人によるグループ展もおこなわれます。今年度はとくに筑後地域を拠点に 活動するアーティストを九州芸文館美術展担当の学芸員が選考いたしました。

Chikugo Art Traffic 2016 Chikugo Art Traffic is an ongoing artist-in-residence and exhibition program at the Kyushu Geibun-kan since 2015. In the autumn 2016, two artists stay in Chikugo city and create new artworks, undercontrol by UEOKA Hitomi (Japan) and Wouldn’ t it be a blue flower? by Kam Min kyung (Korea). KOGA Yoshihiro had stayed for two months, August to September, at the Hongti Art Center, Busan, Korea and had a solo exhibition Water and where there is Water. It was an artists’ exchange program between Hongti Art Center and Kyushu Geibun-kan. In coming February, we will have a group exhibition with five artists, USHIJIMA Koutarou, HIRAOKA Masaya, KOGA Yoshihiro, MOULINETTE Hiromu and URAKAWA Taishi, selected by three curatorial staffs of Kyushu Geibun-kan (Feb. 4 to 26, 2017).


上岡 ひとみ UEOKA Hitomi

上岡ひとみは、和紙をつかった彫刻やパフォーマンスをおこなう。伝統的な道具だけでなく自ら製作した道具で和紙を漉き、立体を作る。ベルリンとパリでの4年間の生活により日本人の繊細な感覚を再認識し、作品に反映している。 筑後地域での滞在により現地での和紙をはじめとした各種伝統工芸にインスピレーションを得て、新作を制作発表する。
新作のテーマは under control。「私達の日常は遭遇・発見・コントロールの繰り返しだ。最後はコントロールするのか、されるのか」。

1983 埼玉県出身 ドイツ・ベルリン在住
2007 女子美術大学大学院 立体アート学科 紙・繊維コース 修了
2014-2015 パリ国際アート都市で滞在制作
2012-2016 べルリンにてフリーランスアーティストとして活動

賞・レジデンス ※抜粋
2016 Amateras international mini paper competition グランプリ(ブルガリア ソフィア)
2014-2015 女子美術大学「パリ賞」受賞 パリ国際芸術都市 1 年間滞在(フランス パリ)

個展 ※抜粋
2015 CEUX INFORMES(La Galcante, Paris, France)
2013 MOUNTAIN FRROW(Ausland, Berlin, Germany)

グループ展 ※抜粋
2016 Amateras paper art exhibition(Sofia, Bulgaria)
2015 Le papier souffre tout(Cité Universitaire, Paris, France)
2013 NACHT UND NABEL(WEINHORDZ, Berlin, Germany)
http://hitomiueoka.net/


カム・ミンキョン〔甘敏敬〕 Kam Min kyung

カム・ミンキョンは釜山を拠点に活動するアーティストで、絵画やインスタレーションなどを制 作している。韓国内の個展やグループ展、レジデンスの経験があり、国外でのレジデンスは今回が初。釜山文化財団ホンティアートセンターからの推薦で筑後市にて滞在制作をおこなう。 記憶と記録に関するイメージを描き出そうと試みる。本レジデンスにおいては文章と画像との 相関関係に注目する。筑後市を初めて訪れたときに「青い花」を連想したという。筑後の風景と文章が組み合わされた作品を構想中である。

1970 韓国釡山出身、釡山在住
2013 韓国 国立釡山大学校 芸術学部 美術学科 博士修了

個展
2013「visible in invisible」(アートスペースH, ソウル 韓国 )
2013「basic-basis」(アートスペースsoul, 釡山 韓国)

企画展 ※抜粋
2016「創作空間フェスティバル(sensible reality)」(ソウル市庁 , ソウル 韓国)
2016「即興と熟成」(ホンティアートセンター , 釡山 韓国)
2014「バミューダにとどまる」(オープンスペースbae, 釡山 韓国)
2014「ムービングトリエンナーレ」(釡山沿岸旅客ターミナル, 釡山 韓国)

主な所蔵先
韓国国立現代美術館/光州市立美術館/釡山市立美術館/ミレロ病院/(公財)釡山文化財団
(株) イ・イン/(株) ジンサムガ


九州芸文館+釡山ホンティアートセンター
アーティスト・イン・レジデンス 交換プログラム[日本→韓国]
滞在制作 2016年8月1日(月)~9月30日(金)
作品展示 2016年9月29日(木)~10月23 日(日)

古賀 義浩 KOGA Yoshihiro
古賀義浩は、福岡を拠点に活動するアーティストで、彫刻やイ ンスタレーションを制作している。2016 年度「筑後アート往来」 で初めての交換レジデンスプログラムのアーティストとして釜 山文化財団 ホンティアートセンターに 2 ヶ月滞在して新作を制 作した。作品は水の変化をテーマにしたもので、重曹などを素 材にしている。九州芸文館にてレジデンスの記録展をおこなう。
☞レジデンス記録展 12月3日(土)~25日(日)九州芸文館

1986 福岡県出身、福岡県在住
2009 多摩美術大学美術学部彫刻学科 卒業

個展 ※抜粋
2016「Water and where there is Water」(ホンティアートセンター , 釡山 韓国)
2015「二つの生活のための習作」(art space tetra,福岡)
2014「どんな残酷な想像よりも残酷なこと」(art space tetra,福岡)

グループ展 ※抜粋
2016「行雲流水 青木野枝+古賀義浩」(Operation Table, 福岡)
2014「ネガティヴ・アフター・イメージ」(アキバタマビ21/アーツ千代田3331,東京)
2014「“直観” のジオラマ」(福岡市美術館 , 福岡)

レジデンスプログラム ※抜粋
2016(ホンティアートセンター ,釡山 韓国)
2014「原始感覚芸術祭 ~ 水のうたがき~」(木崎湖周辺 , 長野)
2013「Espace des art sans Frontières」(パリ フランス)
http://www.yoshihiro-koga.com/


スケジュール[順不同・敬称略]

2016 年 8月~9月 アーティスト・イン・レジデンス[釡山文化財団との交換プログラム]
ホンティアートセンター(韓国 釡山市)にて。

アーティスト:古賀 義浩

10月~12月 アーティスト・イン・レジデンス[公募と交換プログラム]
筑恋邸(福岡県筑後市)にて。 アーティスト:上岡 ひとみ、カム・ミンキョン

12月3日(土)~25日(日)アーティスト・イン・レジデンス展
九州芸文館にて。
アーティスト:上岡 ひとみ、カム・ミンキョン
※古賀 義浩 ホンティアートセンター レジデンス報告パネル展示も予定

2017 年 2月4日(土)~26日(日) 5人のアーティストによるグループ展(仮)
九州芸文館にて。
アーティスト:牛島 光太郎、平岡 昌也、古賀 義浩、ヒロム・モリネッティ、浦川 大志


イベント日程 ※いずれも予定、会場は九州芸文館(予定)

12月3日(土) 11時〜 アーティスト・イン・レジデンス展 オープニングトーク

12月17日(土) 13時〜 レジデンスアーティストによるワークショップ(調整中)

2017 年 2月4日(土) 5 人のアーティストによるグループ展(仮) オープニングイベント


主催 九州芸文館芸術文化交流拠点性発揮実行委員会
(福岡県、筑後市、九州芸文館、筑後市美術協会、筑後市観光協会)
コーディネーター 宮本 初音(ART BASE 88)
美術家5人によるグループ展 キュレーター 関岡 絵梨花、三満田 巧、長尾 萌佳(福岡県文化振興課学芸員)
レジデンスコーディネーター 釡山文化財団、シム・ウヒョン(WATAGATA Arts Network)
現場統括 竹下 和輝(OFFICE POCO FUKU)
制作協力 (一財)八女伝統工芸館、八女手すき和紙資料館、久留米絣 池田絣工房、有限会社靍田鶏卵、久留米絣協同組合、有限会社プレイグランドプロジェクト、小栗栖まり子、鹿田寫眞舘 ほか
広報物デザイン クルール

Organizer Kyushu Geibun-kan Chikugo Art Traffic Executive Committee
Coordinator MIYAMOTO Hatsune [ART BASE 88]
Curatorial staff of group exhibition with five artists SEKIOKA Erika, MIMANDA Kou, NAGAO Haruka [Fukuoka Prefecture]
Residence coordinator BUSAN CULTURAL FOUNDATION, Sim Woo Hyeon [WATAGATA Arts Network]
Administrator TAKESHITA Kazuki [OFFICE POCO FUKU]
Cooperation Yame Traditional Crafts Center, Yame Museum of Handmade Japanese Paper, KURUME KASURI IKEDA KASURI FACTORY and others Design couleur


同時期開催事業 Other projects in Kyushu Geibun-kan and Chikugo city
ちくごアートファーム計画2016 ~筑後の自然と創造力 アートで地球と遊ぶ 木村崇人展(九州芸文館)

2016 年 12月10日(土)~2017 年 2月19日(日) http://www.kyushu-geibun.jp/
Chikugo Art Farm Project 2016 Nature and Creativity of Chikugo “Playing with Earth in Art, KIMURA Takahito Exhibition”
December 10 (Sat.) 2016 to February 19 (Sun.) 2017

羽犬塚プロジェクト(宿泊施設「MEIJIKAN」、筑後市)

2016年12月頃予定
アーティスト:古賀 義浩、瀬戸口 朗子、田中 千智、平川 渚
キュレーター:原田 真紀
https://www.facebook.com/hainuzukam…
Hainuzuka Project at the MEIJIKAN (Art hotel project) December 2016
KOGA Yoshihiro, SETOGUCHI Akiko, TANAKA Chisato, HIRAKAWA Nagisa.
Curator HARADA Maki

<アクセス>
筑後広域公園芸術文化交流施設 九州芸文館 福岡県筑後市大字津島 1131
[JR] 九州新幹線筑後船小屋駅下車(徒歩 1 分) JR 鹿児島本線筑後船小屋駅下車(徒歩 1 分)
[バス] 西鉄筑後船小屋駅前バス停(徒歩 1 分) 50 番(船小屋・羽犬塚・高良台・久留米方面)
[車] 九州自動車道八女インター下車(インターから約 10 分)/みやま柳川インター下車(インターから約 15 分) 駐車場あり:総収容台数 103 台(車椅子用スペース 3 台含む)/ 2 時間無料(以降 1 時間毎に 100 円) 駐車場営業時間 8:30 ~ 21:30(休館日は利用不可)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中