PLAN406 (プランヨンマルロク / 406は受容する) 企画案

未来プロジェクト_#406プラン (2021/04-2023/03) 
PLAN406 (プランヨンマルロク / 406は受容する)企画案

2021/03/31 作成,  ART BASE 88 宮本初音
2021/04/05更新 最終更新時の案であり、変更の可能性があります。

406号室エントランス 2021/04/01 撮影

◎趣旨

konya2023」のプロジェクトは予定より2年はやく20213月に終了する。しかし、建物及び入居メンバーの多くは20233月まで同じビルで活動を継続する予定である。この2年のあいだは、4014065013つの部屋が「未来の雑居ビルの未来 プロジェクト」というタイトルのもと、表現の場として機能を続ける。
ART BASE 88 (事務所は 306号室) 406号室を担当する。

https://www.facebook.com/106125624707812 「未来の雑居ビルの未来 プロジェクト」

ART BASE 88」はオハツ企画の事務所として「アート・アパート88(冷泉荘) につぐ2つ目のスペースとして2008年にオープン。
個人型アートセンターとして国内外のアーティストやアートスペースとのプロジェクト企画運営、九州をベースとした地域の行政や企業との連携、他ジャンルとのコラボレーション、釜山を主とした海外交流などの活動をおこなってきた。

https://artbase88.wordpress.com ART BASE 88
https://www.facebook.com/ARTBASE88 ART BASE 88Facebook

406号室では、「ART BASE 88」の活動を振り返りつつ、2020年から世界を変えた新型コロナウイルス感染が終息していない状況下での表現を問う活動を展開していく予定である。「konya2023」が示した未来の雑居を振り返り、未来へつなぐプランをおこないたい。

なお、オハツ企画の第3のスペースは2021年夏ごろにプレ公開予定。

◎コンセプト
表現の生まれるところ、発表するところ、振り返るところ、未来を考える場。
過去と未来をつなぐ期間限定のギャラリー。

◎名称「PLAN406 (プランヨンマルロク / 406は受容する)
2年を通じて406号室でおこなわれるプランの総称。
インターネットでのエラーコード「406」は「Not Acceptable」という意味で「Accept関連のヘッダに受理できない内容が含まれている場合に返される」が、部屋番号の数字を印象付け、ここではアクセプトできたという逆の意味を付与する。
各企画は開催時期ごとに「PLAN406_**(**は開催順を示す数字)を冠する。

◎開場について
期間中の開場時期はFacebookなどで告知。週1−2回。予約制も想定
https://www.facebook.com/ARTBASE88

◎スケジュールおよび企画案(いずれも更新時点での案)

2021
4-5 PLAN406_01
ART BASE 88
コレクション展
→20198(10周年企画)以降−20213月にかけてコレクションした作品のお披露目。
主に絵画、オブジェなど
★初回開催 2021/04/08 () 15-20 予定

特徴)場所のお披露目を兼ねる企画。
この期間に、406号の場を見てもらい、ここでおこなう企画の案を募る。

公募「PLAN406_xxシリーズ」(仮称)
〆切は6-7月頃、応募方法はメールなど。詳細は改めて告知
企画の選考に際しては「未来の雑居ビルの未来 プロジェクト」関係者および「ART BASE 88」関係者などでおこなう。
美術だけでなく、映像、演劇等の上映、上演やコラボレーションなども検討。

6月ごろ
PLAN406_02() 過去の関連企画より実施?

7-8月ごろ「PLAN406_03() ART BASE 88 13周年
「新しい境界を超える。」第2回の展覧会またはイベント
1回めの展覧会(リアル展示)202012月にkonya-galleryで開催
https://www.facebook.com/beyondnewborder2020 

9-10-11
PLAN406_xxシリーズ」から「PLAN406_04」など()
春に募集したなかからピックアップした企画を数件程度
個展、グループ展などの展覧会や、映像上映や演劇の上演など。

2022
12-1
PLAN406_07()
アーカイブ展示 ()
ART BASE 88, および宮本個人が関わってきたアートプロジェクトの記録などを公開。
「ミュージアムシティ天神」,「別府国際芸術祭 混浴温泉世界」,WATAGATA Arts Network, 「秋の種」など。年越しの時期に振り返る。
http://www.ne.jp/asahi/mcp/fukuoka/ 

2月以降
感染症の状況、2021年度の使用状況から、2022年度の使用状況を再考。
「新しい境界を超える。」 3回企画
公募「PLAN406_xxシリーズ」 2022年度
WATAGATA Arts Nework
「秋の種」関連企画 など

2023
1-2-3
「未来の雑居ビルの未来 プロジェクト」のファイナル企画
306号室(ART BASE 88)および406号室を合わせた最終企画。